中川原 譲二
院長
大阪なんばクリニック

 

大阪の交通の要衝で関西国際空港に特急電車で直結している南海なんば駅に隣接して、オフィスタワー「Namba-skyO」(https://www.nambaskyo.com/en/)があります。その9階全体が、「南東北病院グループ」が運営する健康を担う拠点、皆様の「大阪なんばクリニック」です。

 

当院は、予防健診センターと先進医療外来の機能を有し、がんの早期発見や循環器病、脳卒中、認知症等の一次予防・二次予防などに力を入れております。また、難病専門外来である「もやもや病専門外来」も当院の特徴の一つです。

 

高層ビルNamba-skyOの9階にある当院には、1階と3階からのご利用が便利な専用のエレベーターがあり、直接総合受付に来ていただけます。

 

当院は、患者さん・受診者さん、地域社会、そしてすべての関係者のためのより良い運営を目指していす。「南東北病院グループ」の理念「すべては患者さんの為に」のもと、これからも、職員一人ひとりが使命感と奉仕の精神をもち、地域の支え、人々の癒しの場となるよう活動して参ります。

 

「南東北病院グループ」は首都圏を含む東日本において、病院・診療所・介護福祉施設などの施設を展開する医療・福祉の総合事業体です。1981年に最初の病院を開設後、今日では施設の数は100を超えました。また、夢の放射線治療法とされたホウ素中性子補足療法(BNCT)によるがん治療の開始や医療サービスの国際展開など、南東北病院グループの挑戦は続きます。

Printer Friendly