病院概要

 

理事長:渡邉 貞義
院長:渡邉 貞義
病床数: 451
職員数850
診療科目:脳神経外科、整形外科、脊椎外科、循環器内科など23診療科目
病院機能:東京都下の地域中核病院

 

 

東京都中野区の地域中核病院

 

総合東京病院は東京都のコマーシャルセンターの一つである新宿からアクセスのよい中野区に位置する地域拠点病院であり、中野、練馬両区の地域医療に貢献しています。2017 年4 月には新しい専門医療棟の完成により、当院のベット数も451 床となり、循環器センター、脳卒中センター、小児救急医療の機能が大幅に強化されます。

 

  

脊椎脊髄センターは低侵襲手術でQOL向上に貢献

 

脊椎脊髄疾患に対して、保存的治療に重点を置きつつも、それが無効な場合には顕微鏡下での低侵襲手術を積極的に行っています(頸椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、脊髄腫瘍)。

当センターでは手術のための入院期間は関東圏では最短で、患者さんの要望に応じた問題解決に貢献しています。



 

迅速で安全そして質の高い高度医療を目指す総合病院

 

当院では、PET-CT、SPECT、3 テスラーMRI などを用いた迅速で高度な画像診断が常に行われ、高度医療を支えています。

また、当院では最新のハイブリッド手術室を備えています。手術室の中で手術や治療に関わる高度な画像診断、効果の確認などが可能となり、安全でより有効な医療へとさらに進歩を積み重ねています。

また、グループ内の他の医療機関特に総合南東北病院(郡山市)に隣接した南東北がん陽子線治療センターとの連携により、がん治療に関する治療の質の向上にも努めています。

Printer Friendly