村上 昌雄

センター長

南東北がん陽子線治療センター
 
従来の放射線治療は照射によってがん細胞のみならず正常な細胞へも影響が及んでいました。しかし陽子線治療においては、がん組織に集中した照射が可能になっていることが大きな利点です。

当センターは、グループの中核である総合南東北病院と一体となっており、化学療法をはじめとする他の治療法も併用することで、適応患者さんの拡大と治癒率向上を目指した陽子線治療が可能になっています。

将来的には陽子線治療ががん治療の標準的治療法として位置づけられることを目標に据え、南東北病院グループが掲げる院是「すべては患者さんのために」に加え、「切らずに治すだけではなく、切れないがんをも治す」、「郡山から全国・世界へがん治療の光を放つ」という理念のもと、陽子線治療の臨床・研究に日々あたっております。
 
Printer Friendly