病院概要

理事長:渡邉    一夫
院長(総合南東北病院):寺西 寧
院長(南東北医療クリニック):深谷 保男
病床数: 461
職員数:1,070
診療科目:脳神経外科、放射線科など34科目
病院機能:ガン診療連携拠点病院など

     

 

     

 

1+1,000のリーダーシップ 
リーダーシップがこの病院を34診療科、19の専門外来、23の臨床研究ユニットを持つ高度先進医療施設に、そして8つの総合病院を含む100の事業体の本部病院に、設立後37年間で育て上げました。トップのリーダーシップと職員一人一人のリーダーシップが融合した結果です。

 

東京から80分
この病院は東京の都心ではなく、福島県郡山市にあります。そこは東京から新幹線で80分の距離。そこは典型的な地方都市です。私たちは地方都市の良さを「患者さん中心の医療」に最大限生かします。ゆったりとした地方都市の環境が、質の高い医療チーム、高度先進医療への挑戦、患者さん中心の医療を育てます。


     

 

 

高度先進医療を支える環境
優れた臨床実績を有する専門医を全国から集めています。18の臨床研究ユニットには一流の専門家・指導者を配置して、医療サービスの質、効率、安全性の確保に努めています。理事長自身も10,000例以上の手術実績を有する脳外科医です。130余名の医師が働いています。

 

高度先進医療を支える環境
放射線科施設・機器の充実は、それ自体が高度先進医療であると同時に、多くの分野を支えています。プロトン療法施設(Proton Beam Therapy)、ガンマナイフ、サイバーナイフ、6基のPET、PET-CT、6基のMRI、6基のCTなどが高い精度の診断、そしてがん治療を支えます。50名以上の臨床放射線技師、100名以上の理学療法士、作業療法士が働いています。

 

改善への挑戦
職員は全員参加のTeam Approachで問題を解決します。報告、連絡、相談を絶やさず円滑なコミュニケーションが職員には大事です。あらゆる業務プロセスの改善・標準化を目指し、職員満足度、患者満足度を大切にしています。
Printer Friendly