南東北病院グループは60床規模の脳神経外科専門病院として1981年に設立されました。その理念は「すべては患者さんのために」という文言で表されています。発展を遂げた今日では8つの病院と大小100余りの医療・介護・福祉関連団体を傘下に持ち、総病床数は3000を越すようになりました。

 

南東北病院グループ傘下のすべての医療機関では、医療の質の国際基準に見合う、様々な医療サービスを高いレベルで提供し続けています。そして、そのことによって日本国内のみならず外国からおいでになる患者さん方からも高い評価をいただいています。まさに優れた技量・清廉な人格・清々しい態度など、様々な職員の仕事ぶりが評価をいただいているものと思われます。

 

近年、南東北病院グループでは、高度先進医療として陽子線治療センター、さらにはホウ素中性子捕捉療法(BNCT)研究センターを開設しました。そのことで、がん治療における地域のそして国際的なセンターとして、皆様に奉仕し続けることが可能となりました。

 

私たち関係者は、南東北病院グループ全体が、上記の高度医療施設を先頭に、アジアそして世界の医療ハブとして皆様のお役に立てますよう、今後とも努力を続けてまいります。
Printer Friendly