これが免疫細胞療法の内容です

人間はもともと自らの体にがんを制御する免疫細胞という防御機能をもっています。免疫細胞療法は、その防御能力を利用した治療法です。具体的には、患者さんから採血し、その血液中の免疫細胞を体外で培養して増殖・活性化して体に戻し、がんを傷害する治療法です。

 


私たちの創意工夫

当院では、国から許可を得た細胞加工施設にて独自の特許技術にて免疫細胞の培養をおこなっています。そして、それらの細胞を用いて、数万件の投与経験を持つ専門医師の管理のもと、免疫細胞療法をおこなっています。さらに、ハイパーサーミア(温熱療法)・低用量化学療法との併用や陽子線治療などの最新治療の紹介などもおこない、患者さん本位の集学的治療を提供しています。

 

 

どのような状態の患者さんに免疫細胞療法は有効か?

がんの診断を受けた患者さんであれば、どなたでも、ほとんどの種類のがんに対して、免疫細胞療法は可能です。発がん予防や再発予防にこの治療法をおこなうことがより有効と考えられます。進行がんでも増殖抑制や縮小、さらにはがんが消失する症例もあります。


 

免疫細胞療法には副作用があるか?

自らの細胞を活性化して治療に用いる免疫細胞療法は、副作用の少ない体にやさしい治療です。ときに発熱、ごくまれにはアレルギー反応を認める方がいらっしゃいますが、命にかかわるような重度な副作用の心配はありません。

 

 

免疫細胞療法にはこんな利点がある

発がん予防、再発予防、緩和的治療など、手術・放射線治療・化学療法など、標準治療の対象とならない場合でも免疫力の強化ということでおこなうことが可能です。また、標準的ながん治療をおこなっている際にも、免疫細胞療法を併用することで、標準的な治療法の効果を増強したり、その副作用を軽減したりすることが期待できます。


 

これが私たち免疫細胞療法のチームです

照沼 裕

東京クリニック 副院長

 

照沼博士を中心としたチームアプローチを旨とする専門医療チームです。このほか、各分野の専門医が一緒に治療を担当しています。また、がん患者ではない肝機能障害がある方には、脂肪組織由来間葉系幹細胞による再生医療もおこなっています。なお、免疫細胞療法は郡山市の総合南東北病院でも受けることが可能です。

 

 

相談窓口

国際医療部

電話:+81-24-934-5322 (病院代表:日本語) にお掛けください。「国際医療部」とお声かけくだされば担当者につながります。上記番号が通話中の場合、+81-24-934-5385に掛けてください。「英語」もしくは「中国語」と言っていただくと外国語対応のスタッフとお話ができます。メール: int.inquiry@mt.strins.or.jp
Printer Friendly